探偵 大阪

女性探偵社 安西宏美調査事務所 探偵社 TOPページへ
探偵社 会社案内 探偵社 調査項目 探偵社 調査料金表 探偵社 お問い合わせ
私たちは 探偵社のイメージを変えます
■プライバシー侵害

プライバシー侵害とは 私生活(プライバシー)において 事実もしくは事実と思われる事を 公表することで 本人が不安を感じたり 不愉快に思うことです プライバシー権は憲法などには明文化されていませんが 現在 基本的人権の一つとして認知されています
 
日本で「プライバシー」という言葉が注目されはじめたのは 1961年、三島由紀夫の小説「宴のあと」裁判がきっかけです この小説は選挙で敗北した候補の生活を赤裸々に描いたもので モデルとされる人物は、これによって自分のプライバシーを侵害されたとして 作者の三島由紀夫と出版社の新潮社を相手取り 東京地方裁判所に慰謝料と謝罪広告を求める民事訴訟を起こしました この判決ではプライバシーの権利を「私生活をみだりに公開されないという法的補償ないし権利」と定義しました その後、情報化が進むにつれ プライバシー権の見解も変化し 現在は「自己に関する情報の流れをコントロールする個人の権利」と解釈されています

ここで出てきた「自己に関する情報」というのが、個人情報です よって、プライバシーの権利とは自分の個人情報を勝手に公開されたり 不正に流用されたりしない権利 ということができます 
個人情報とは 「センシティブ情報」だけではありません 住所や氏名 電話番号などの基本情報さえ 勝手に公開されればプライバシー侵害になるという考え方が最近は出てきています

インターネット上の掲示板で職業や勤務先の診療所の電話番号などを勝手に公開された眼科医が 書き込みをした相手に損害賠償を求めた訴訟で プライバシーの侵害が認められ 被告は20万円の損害賠償の支払いが命じられています この裁判では 被告側が「診療所の名前や住所などは電話帳に広告掲載されており 個人情報にあたらない」と主張しましたが 判決は「電話帳への掲載は 個人情報の伝わる範囲を診療所営業に関わる範囲に制限しており 個人情報のコントロールはプライバシーの権利に含まれると解される」と判断しました 
 結果、「診療所の住所などは 公開を欲しない事柄で 被告の行為はプライバシーの侵害にあたる」という結論がでました
 その他でも 一般によくある 「うわさを広められている」「近所のマンションから覗かれている」「盗聴されている」・・・・きりがないほどです
プライバシー問題に関しては やはり証拠が一番必要になります 
又法的にどうかも難しい場合もあります

※こんな場合は如何したら 一度相談してみてください

■ストーカー対策・防止
平成12年5月18日に「ストーカー行為等の規制等に関する法律」ストーカー規制法が成立して 同年11月24日から施行されています この法律が出来 今まで野放し状態だったストーカーに対して法的規制できるようになりました しかし テレビ・新聞などで事件になっているストーカーは依然 減りません 実際はよほどの行為が繰り返され それを証明できるものがないと 警察は動いてくれません
ではストーカー行為とは? 「つきまとい等」を繰り返し行うことをいいます

(つきまとい等)
1.つきまとい 待ち伏せし 進路に立ちふさがったり 住居 勤務先 学校 その他その通常所在する場所(以下「住居」と称す)の付近において 見張りをし 又は住居などに押しかけること

2.その行動を監視していると思わせるような事実を告げ 又はその知り得る状態に置くこと

3. 面会 交際 その他の義務のないことを行うことを要求すること

4.著しく 粗野又は乱暴な言動をすること

5 電話をかけて何も告げず 又は拒まれたにもかかわらず 連続して電話をかけ 
  もしくはFAXを用いて送信すること

6.汚物 動物の死体 その他著しく不快 又は嫌悪感の情を催させるような物を送付し 
  又はその知りえる状態に置くこと

7.その名誉を害する事項を告げ 又はその知りえる状態におくこと

8.その性的羞恥心を害する事項を告げ 若しくは その知りえる状態に置き 又はその
  性的羞恥心を害する文章 図画その他の物を送付し若しくはその知りえる状態に置くこと

 
と 以上の8項目の状態が繰り返される事により 法的規制がかけられます 一般的には1.2.3.5の行為を受けている人が多いです それが悪化すれば6.7.8になります この6.7.8
を もしされているのであれば これはもの凄く危険な状態です 傷害等の事件になる寸前です しかし 前に述べたように なかなか警察は動いてくれません

・当社では ストーカー対策・ストーカーの特定・ストーカー行為の証拠取り及び ストーカーに
 ストーカー行為を止めさせるお手伝いをします

※こんな場合は如何したら 一度相談してみてください
■ネットストーカー・トラブル関連調査
急速に発展したネットの世界 その便利性の反面 犯罪・トラブルも急速に増えています 私たちはネット犯罪・トラブルに巻き込まれないような対策アドバイス 被害にあってしまった方への解決へのお手伝いをします

・ネットストーカー(オンライン上での誹謗.中傷など)
・出会いサイトで知り合った人とのトラブル・疑惑
・オンラインサービスの架空請求
・オークション詐欺 その他オンラインでの詐欺行為

その他 このようなことの 事実確認及び犯人割り出しをします

※こんな被害に合ってしまった・・・ 一度ご相談ください



■いたずら・嫌がらせ調査
いたずら・嫌がらせ行為は ほっておけば よりいっそうひどくなります その殆どが 近隣での人間関係・職場での人間関係・逆恨みなどで行われています 事実の確認から解決までをお手伝いします
壁等への落書き 車に傷をつける 家に傷をつける 植木など切る ゴミを置く
近所で噂をたてる 無視される 知らない荷物が届く 出前が来る ベルが鳴

※こんなことされている・・・ 一度ご相談ください


■金銭問題
金銭にかかわる問題 借金・不良債権・自己破産・等専門分野のスタッフが対応します

※わからないこと等ありましたら お気軽にお電話でお問い合わせください


電話相談窓口

メール相談 クリック
大阪府・兵庫県・和歌山県公安委員会届出  大阪府庁届済
(社)大阪府調査業協会 会員

女性探偵社 安西宏美調査事務所

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目4番28号1F
電話06-6367-8668(代)
相談窓口 0120-331-527 

Copyrightc 1997 Anzai Hiromi All Rights Reserved