探偵 浮気調査

女性探偵社 安西宏美調査事務所 探偵社 TOPページへ
探偵社 会社案内 探偵社 調査項目 探偵社 調査料金表 探偵社 お問い合わせ
私たちは 探偵社のイメージを変えます
■浮気調査・不倫調査

男と女がいる限り なくならない調査項目です 夫・妻・恋人・愛人・同性愛者 さまざまな人間関係があります 非常にご依頼の多い項目なので詳しくご説明します

先ず ご依頼してくる人の段階ですが
1.もしかしたら 浮気しているかも?という疑いの段階
2.相手の持ち物・行動から浮気しているのは間違いないという確信の段階

 この様に 疑いの段階と確信の段階の人がいます しかし当社に依頼に来られる人は ほとんどが2の段階です まだ1の段階では ご依頼者にもゆとりがあります 当社に依頼相談にこられる人は ほとんどの人が 悩み・苦しみ
「もう我慢できない!」「知りたい!」と精神的にかなり限界に来ています 「その事ばかり気になる」 「食事ものどを通らない」 最後には 体・精神を壊してしまいます 浮気は病気と同じでほおっておけば 悪くなります これを読まれている あなたも 今はかなり精神的に疲れてると思います 数ヶ月前からおかしいと思っていた人も少なくないと思います その時に何とかしておけば 今の苦しみは無かったでしょう ほおっておけば悪くなる 悪くなってから 直そうと思っても 多少時間がかかります 何事も早期発見・治療が肝心です

依頼の目的をハッキリさせて下さい それにより調査方法も解決方法も変わります
1.とりあえず 相手を知りたい!
.相手と別れて欲しい!
3.もう我慢できないから 責任を取ってもらい別れたい!

大まかに このうちのどれかでしょう

1.の場合は 相手の行動から 会うと思われる時に 尾行すればわかるでしょう
 しかしよく考えてください 本当に相手が誰かわかって あなたが普通でいられるなら それでいいでしょう
しかし 知れば許せないし その事を相手に言ってしまう場合もあります 喧嘩が絶えず お互いの間はさらに悪化します 1でよいと言う方人は わかっても心の中にしまっておいて下さい 間違っても相手に会おうとは思わないで・・・・どうして? 同じ事をしてしまった依頼者を数多く見ました これで解決できる人は1割にも満たない人だけです
 
2.の場合 相手と別れさせたいのであれば やはり事実の確認が必要です それも ただ会ったぐらいではだめです 相手との関係が深い仲だということを確認します ただの知り合い・友達・仕事の話をしていたなど 相手も状況に合わせた言い逃れをしてきます この言い逃れをさせてしまう状況の確認では駄目です やはり証拠が必要なのです

3.の場合は迷わず証拠を取ってください
 証拠とは=法的に通用する=肉体関係の有無です 
「ラブホテルに入った」 「相手の家に何度も出入りしている」 「車の中で性交渉を確認した」などのことを言います これがあれば 正面から相手に向かい交渉が出来ます 
また 浮気相手に対しても責任追求が出来ます


■素行調査・行動調査
素行・行動調査とは 対象者を尾行することにより 立ち寄り先の確認・接触人物の確認・行動の確認等 さまざまな項目に当てはまります
・社員・従業員の不正確認
・職務怠慢等の確認
・立ち寄り先から不正の確認
・接触人物の確認
・休業補償の適正の確認
・対象者の接触人物の確認
・対象者の立ち寄り先などの確認
・お金の使い道の確認
・その他

※当社ではお客様の目的にあわせ より早く問題解決するために 何が必要で どうしたらよいか 詳しくアドバイスして解決までお手伝いしています  
裁判になる可能性がある方でも 顧問弁護士を 無料で紹介します


※わからないこと等ありましたら お気軽にお電話でお問い合わせください


電話相談窓口

メール相談 クリック
大阪府・兵庫県・和歌山県公安委員会届出  大阪府庁届済
(社)大阪府調査業協会 会員

女性探偵社 安西宏美調査事務所

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満3丁目4番28号1F
電話06-6367-8668(代)
相談窓口 0120-331-527 

Copyrightc 1997 Anzai Hiromi All Rights Reserved