ストーカー対策 探偵社

ストーカー防御の探偵社 ストーカー調査・ストーカー対策



ライフリサーチが運営する 各種サイトです
ストーカー調査・対策の探偵社


■ストーカー被害

今だに このストーカー被害が後を絶ちません
ストーカーをタイプ別に見ると 
・恋愛関係破綻から一方的なストーカー
・片思い・妄想によるストーカー

・インターネット上でのストーカー
などのタイプがあります
ストーカー行為の程度も軽いものから 危険性のある重大な行為まで さまざまである 
ストーカー行為とは「つきまとい等」を繰り返す行為である

) つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
イ) 監視していると告げる行為
ウ) 面会・交際の要求
エ) 乱暴な言動
オ) 無言電話、連続した電話、ファクシミリ
カ) 汚物などの送付
キ) 名誉を傷つける
ク) 性的羞恥心の侵害
今でも報道を騒がす「ストーカー殺人事件」
そんな被害に遭わないよう 又より早くストーカー行為を止めさせる為にはどうしたらよいでしょう・・・?

犯人がわかっている場合と まったくわからない場合があります
今まで当社で相談を受けたり実際に携わった実例からその対策方法のポイントを幾つか紹介します



■ストーカー対策

先ず ストーカー規正法がありますから 最寄の警察署の相談してください
軽微なストーカー行為の場合 直ぐに動いてくれない場合も多いです 
※ストーカー行為の証拠を形として残しておくことが重要です


ストーカー行為を より受けないような対策 受けてしまっているのであれば その証拠収集をする事が大事です

(自宅)
・部屋のカーテンは完全遮光タイプにする
・一人暮らしの人は洗濯物の中に異性のものを混ぜておく
・玄関に異性の靴を置いておく
・ドアスコープから光が漏れない様にしておく
・郵便物を取られないように工夫する
・ゴミ出しは 出来れば収集時間前(収集車へ直接)に・・

(通勤・通学)
・駅等までのルートを複数利用する
・夜遅い時間などの帰宅は避ける
・遅い帰宅はタクシー利用する
・人気の無いところへ行く事は避ける

●ストーカー被害に遭っている人の必需品
これらは ストーカー行為の証拠収集及び保全に使います
防犯ブザー
・護身用具(催涙スプレー等)
・デジカメ(携帯カメラ)

・録音装置
・小型ビデオカメラ
・筆記用具



■探偵が出来るストーカー対策

「自分の力では解決できない!」「 警察も動いてくれない!」
「不安で生活できない! 」

※早期解決へのお手伝いをします

・ストーカー対策へのアドバイス
・証拠収集及び保全対策
・その他

※料金に関しては お問い合わせください











■ストーカー規正法


平成12年5月18日第147回通常国会において「ストーカー行為等の規制等に関する法律」(ストーカー規正法)として成立 同年11月24日から施行された法律です この法律の中でストーカー行為を処罰するなどに必要な規制と 被害者に対しての援助等を定めています

この法律の対象は 
@「つきまとい等」それを同じ人に繰り返し行うA「ストーカー行為」に対してです

@「つきまとい等」とは
この法律では 特定の者に対する恋愛感情 その他の好意感情 又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で その特定の者 又はその家族などに対して行う 以下の8つの行為を「つきまとい等」と規定し規制しています

) つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。

イ) 監視していると告げる行為
その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。例えば、「今日はAさんと一緒に銀座で食事をしていましたね」と、口頭・電話や電子メール等で連絡する(「告げる」)ことや、自転車の前カゴにメモを置いておくなどする(「知り得る状態に置く」)ことをいいます。

ウ) 面会・交際の要求
面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。例えば、拒否しているにもかかわらず、面会や交際、復縁又は贈り物を受け取るよう要求することがこれにあたります。

エ) 乱暴な言動
著しく粗野又は乱暴な言動をすること。例えば、大声で「バカヤロー」と粗野な言葉を浴びせることや、家の前でクラクションを鳴らすことなどはこれにあたります。

オ) 無言電話、連続した電話、ファクシミリ
電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ若しくはファクシミリ装置を用いて送信すること。例えば、無言電話をかけることや、拒否しているにもかかわらず、短時間に何度も電話をかけたりFAXを送り付けることがこれにあたります。

カ) 汚物などの送付
汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。例えば、汚物や動物の死体など、不愉快や嫌悪感を与えるものを自宅や職場に送り付けることがこれにあたります。

キ) 名誉を傷つける
その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。例えば、中傷したり名誉を傷つけるような内容を告げたり文書などを届けることがこれにあたります。

ク) 性的羞恥心の侵害
その性的しゅう恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的しゅう恥心を害する文書、図画その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置くこと。例えば、わいせつな写真などを、自宅に送り付けたり、電話や手紙で卑劣な言葉を告げて辱めようとすることなどがこれにあたります。

「ストーカー行為」とは
同一の者に対し「つきまとい等」を繰り返して行うことを「ストーカー行為」と規定して、罰則を設けています。但し「つきまとい等」のア〜工までの行為にあっては、身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われた場合に限ります。


■警察に相談する
警察署では、あなたを守ることを最優先に考えて相談体制を整えています。つきまとい等をされたら、すぐにあなたの自宅の最寄りの警察署に ご相談ください。あなたの申出に応じて、「つきまとい等」を繰り返している相手方に警察署長等から「ストーカー行為をやめなさい」と警告することができます。さらに、警告に従わないで相手方がつきまとい等をした場合は 公安委員会が「その行為はやめなさい」と禁止命令を行うことができます。禁止命令に違反して「ストーカー行為」をすると、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金が科されます。また、あなたが「ストーカー行為」の被害にあっている場合は、警告の申し出以外に、あなたが相手を告訴して、処罰を求めることができます(告訴しなければ検挙することはできません)この罰則は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。これらの他にも警察は、あなたからの申出により、ストーカー被害を防止するための教示や防犯ブザーの貸出しも行っております。

警告実施後、約90%の者がその後の行為をやめていますが警告後の行為者の動向については、定期的に被害者等との連絡を行うことにより、適切な対応に努めることとしています。

ストーカーの卑劣な行為の被害にあっている方は、あなただけではありません。不安を覚えたら迷わず警察に相談して下さい。あなたにとって最善の解決方法をみつけます。 というのが警察の姿勢です

しかし 残念な事に 全てのストーカー相談に解決へのアドバイス もしくは協力が得られていません よく「証拠が無いから 警察は動けない」と言われたといい 当社に相談に来られる被害者の人が多くおられます 確かに警察では証拠を集めると言う行為は してくれません この証拠をとるのがわれわれの仕事になるのです


<男女間トラブル>積極的に事件化を…警察庁が通達(2009.8.20)
 千葉や東京でストーカーとみられる男による女性殺傷事件が相次いだことを受け、警察庁は20日、男女間のトラブルが原因のケースでも法令違反があれば積極的に事件化するよう求める通達を全国の警察本部に出した。千葉の事件発生前、男の車内からナイフが見つかったにもかかわらず事件化を見送った反省に基づくもので、重大事件に発展させない対応を求めた。

 つきまとい行為が凶悪事件に発展したケースとしては、7月に千葉市の団地で洋服店員の豊田愛子さん(61)が殺害され、次女(22)が連れ去られる事件が発生。今月には東京・西新橋で無職の鈴木芳江さん(78)と孫の耳かきエステ店従業員の女性(21)が殺傷された。逮捕されたのは次女の元交際相手や女性の勤務先の常連客だった。

 警察庁では06年に那覇など全国で連続して起きたストーカー殺傷事件を受けて、事前に相談されたストーカー事件への対応について通達を出しているが、今回も警察に相談や110番があった点を重視。対応状況を確認した結果、被害届の提出を打診するなどおおむね問題はなかったと結論づけたが、千葉のケースでは次女が事件の約1週間前に男の車で愛知県に連れ去られた際、車からナイフが見つかっていたことに注目。この時に愛知県警が銃刀法違反容疑での立件を見送った判断をとらえ「より真摯(しんし)に立件の可否について検討すべきだった」として男女間トラブルの過程でも積極的な事件化を指示した。

 また、愛知県警が把握した情報を千葉県警に伝えなかった点についても、ストーカー事件では継続的対応が重要だとして、事案が複数の警察本部にまたがる場合の情報共有を求めた

















































..Copyright(c) 1995 Life research . All Rights Reserved.